その日初めて楽器を手に取った時、僕は必ず「ド」で音出しを始めます